お問合せ・ご相談

新しいエンディングの生前相談

   
マイライフデザイン    
TOP コンセプト エンディングノート作り エンディングコーディネーター 自分史出版、デジタルサイネージ デザイナーズ祭壇 生前相談
 
 利用規約
 
 
第1条(総則)
1. この利用規約は、株式会社メディア・ファイブ(以下、「当社」といいます)が、インターネット上で運営するウェブサイト『マイライフデザイン』 (以下、本サービスとします)を通して提供する、問題作成と共有の全てのサービスに関して、その利用条件を定めるものです。本サービスの利用を希望するユーザーは、本規約の利用条件を全て承諾し遵守することを条件として、利用することができるものとします。

2. ユーザーは、本サービスを利用することにより、本利用規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。

3. 利用規約については、事前の通知なく変更できるものとします。また、将来変更された場合、利用者が変更後に利用する際には変更が適用されるものとし、利用者は変更に同意したものとみなされます。



第2条(通知事項)

1. 当社は、インターネット上または当社が適当と判断する方法により、ユーザーに対し随時必要な事項および本サービスに関する連絡事項を通知します。

2. 前項の通知は、当社が特別に定める場合を除いて、オンライン上に表示した時点より効力を発するものとします。



第3条(サービス内容)
ユーザーは、自らが編集・作成した問題データ、文章、日記等を本サイトに公開することを目的として、本サイト上の機能を利用することができます。 本サイトに公開することができる公開著作データは、自らが作成した問題や文章、またはユーザーが第三者から本サイト上に掲載することの許諾を 事前に受けた問題や文章とします。



第4条(ユーザー)
ユーザーとは以下のいずれかに該当する者をいいます。
(1)当社に対し本サービスへの利用を申し込み、当社がこれを承諾した者。
(2)当社が別途定める方法により本サービスの利用を承諾した者。



第5条(ユーザーの責任)
1. 本サービスにおいて、ユーザーが開示した公開著作データなどすべての情報に関する責任は、当該ユーザー自身に帰属します。ユーザーが開示した情報により、 他の利用者または第三者などからの問い合わせ、クレームや苦情などを受けた場合には、当該ユーザー自身の責任と費用をもって解決にあたるものとします。

2. ユーザーが本サービスの利用にあたり、本規約に違反した場合、他の利用者や第三者の名誉などを毀損した場合、プライバシー権や人権を侵害した場合、 著作権法その他の法律に違反する侵害行為を行った場合などにより、本サービスの他の利用者や第三者との紛争が生じた場合、当該ユーザー自身の責任と費用をもって解決をはかることとします。

3. 当該ユーザーの行為により、他の利用者または第三者から当社が損害賠償請求などを受けた場合、または当社に社会的損害、経済的損害などが生じた場合は、当該ユーザーは当社に生じた損害および費用を補償するものとします。



第6条(利用の申込み)
1. 登録申込者が登録を申込んだ時点で、登録申込者は本規約を承諾したものとみなします。

2. 登録申込者は、以下すべての確認事項に同意したものとみなします。
(1) 当社の指示する動作環境を満たしていること。
(2) 本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての設備を自己の費用と責任において準備し、本サービスが利用可能な状態としておくこと。
(3) 登録申込者のインターネット回線および社内LANの混雑に起因する通信環境不具合に対して当社の責を追求しないこと。



第7条(登録の不承認)
当社は、登録申込者が以下のいずれかに該当することが分かった場合、その者の登録を承認しない、または承認を取り消すことがあります。
(1) 登録申込者が実在しないこと。
(2) 登録申込の際の申告事項に虚偽の記載、誤記、または記入漏れがあること。
(3) 登録申込をした時点で、サービスの利用料金の支払いを怠っていること、または過去に支払いを怠ったことがあること。
(4) 登録申込者が過去に本規約の違反を行っていた場合。
(5) 当社の業務遂行上、または技術上の支障がある場合。
(6) その他、当社が承認を認めない相当の理由があると判断した場合。



第8条(IDおよびパスワードの発行と契約)
1. IDおよびパスワードの発行日をもって、当社とユーザーの本サービスに係る契約(以下、「本契約という」)は有効に成立したものとします。当該ユーザーは、本サービスを本規約に定める条件に従って指定された利用期間に限り利用することができるものとします。

2. ユーザーは自己のIDおよびパスワードの取り扱いについて、一切の責任を負うものとします。
3. ユーザーは、自己の設定したパスワードを失念した場合、またはIDおよびパスワードが盗まれたり、第三者に使用されたりしていること知った場合には、直ちに当社に申し出るとともに当社の指示に従うものとします。

4. 当社は、ユーザーのIDおよびパスワードが第三者に使用されたことによって当該ユーザーが被った損害について、一切責任を負いません。

5. ユーザーは、本サービスを利用する権利を第三者と共有、あるいは第三者に許諾しないものとし、当社は当該利用や行為がユーザー自身の行為であるか否かを問わず、ユーザーによる利用および行為とみなします。

6. ユーザーは、本規約および法令に違反したことにより、当社を含む第三者に損害を及ぼした場合、自己の責任と費用負担をもって損害を賠償するものとします。



第9条(本サービスの利用料)
ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、有料のサービスについては、当社が別途定める利用料を本サービスの利用開始前に支払うものとします。支払い方法については、当社が承諾する支払い方法によるものとします。



第10条(退会)
1. ユーザーは、自らの自由意志によって、本サービスから退会できるものとします。退会を希望するユーザーは、当社が別途定める方法に従って、本サービスから退会するものとします。
2. ユーザーの退会は即日有効とし、当該ユーザーは本サービスの利用ができなくなります。



第11条(本サービスの変更等)
当社は、当社の都合により、本サービスをいつでも任意の理由で、追加・変更・中断・終了することができます。



第12条(本サービスの停止)
1. 当社は次の事由が発生した場合、本サービスを一時的に停止することがあります。この場合、ユーザーに通知することなく、サービスを停止することがあります。
(1) システムの保守またはシステム障害などの事情のため、やむを得ないとき。
(2) 当社サーバ設置箇所での火災、停電などにより本サービスの提供ができなくなったとき。
(3) 地震、洪水、津波などの天災もしくは戦争、暴動などにより、本サービスの提供ができなくなったとき。
(4) その他、本サービスを中止する相当の理由があると、当社が判断したとき。

2. 当社は、本サービスの停止により、会員または第三者が会員または第三者が被ったいかなる不利益、損害についても、理由を問わず一切責任を負わないものとします。



第13条(本サービスの終了)
1. 当社は、本サービスの終了を決定した場合、事前の予告なく、本サービスを終了することができるものとします。

2. 当社は、本サービスの停止により、会員または第三者が会員または第三者が被ったいかなる不利益、損害についても、理由を問わず一切責任を負わないものとします。



第14条(禁止事項)
1. ユーザーは、本サービス上で以下の行為を行わないものとします。
禁止事項に違反した場合には、強制退会、利用停止、日記等の情報の全部もしくは一部の削除、又は公開範囲の変更等の不利益な措置を採ることがあります。

(1)当社もしくは他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。

(2)当社もしくは他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、又は侵害するおそれのある行為。

(3)当社もしくは他者を不当に差別もしくは誹謗中傷し、他者への不当な差別を助長し、又はその名誉もしくは信用を毀損する行為。

(4)自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらずあるものと装ったり、又は他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽って本サービスを利用する行為。

(5)詐欺、規制薬物の濫用、児童売買春、預貯金口座及び携帯電話の違法な売買等の犯罪に結びつく、又は結びつくおそれのある行為。

(6)わいせつ、児童ポルノ又は児童虐待に相当する日記等の情報(以下、本号において「これらの情報」といいます)について、次に掲げるいずれかの行為を行うこと。
 (ア)これらの情報を投稿又は表示する行為。
 (イ)これらの情報を収録した媒体を販売する行為。
 (ウ)これらの情報を収録した媒体の送信、表示、販売を想起させる広告を投稿又は表示する行為。

(7)性行為、わいせつな行為等を目的として利用する行為。

(8)面識のない異性との出会い等を目的として利用する行為。

(9)青少年の家出を誘引・助長する行為。

(10)違法な賭博・ギャンブルを行わせ、又は違法な賭博・ギャンブルへの参加を勧誘する行為。

(11)違法行為(けん銃等の譲渡、爆発物の製造、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、脅迫等)を請け負い、仲介し、又は誘引する行為。

(12)他人を自殺に誘引又は勧誘する行為。

(13)次に掲げる日記等の情報を投稿し、又は表示する行為。
 (ア)人の殺害、傷害現場を撮影した日記等の情報。
 (イ)死体を撮影した日記等の情報。
 (ウ)その他残虐な行為を撮影した日記等の情報。

(14)次に掲げる内容の情報を、投稿する行為。
 (ア)対象(直接の対象となる飲食店や書籍等に限らず、店員や著作者等を含む。)を誹謗中傷する内容の情報。
 (イ)氏名、住所、勤務先、電話番号等個人を特定しうる内容の情報。対象に関する情報と照らし合わせることで個人を特定しうる場合を含む。
 (ウ)対象と関係ない内容の情報。
 (エ)真否についての事実確認が困難な内容や虚偽の内容の情報。
 (オ)衛生管理上の問題等のしかるべき公的機関へ届け出るべき事項に関する内容の情報。
 (カ)対象とのトラブルまたはクレームに関する内容の情報。
 (キ)その他、当社が不適切と判断する内容の情報。

(15)次に掲げる内容の日記等の情報を、本サイト内の投稿可能な箇所に投稿し、又は他のユーザーにメッセージで送信する行為。ただし、当社が別に認めたものは除くものとします。
 (ア)金融機関等の口座番号を含む日記等の情報。
 (イ)アダルトサイト、ワンクリック詐欺サイト、ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を流布させることを目的とするサイト等当社が不適切と判断するサイトに誘導する日記等の情報(単にリンクを張る行為を含む。)。
 (ウ)グロテスクな画像等の他のユーザーが不快を感じる可能性が高いと当社が判断する日記等の情報。
 (エ)その他当社が不適切と判断する日記等の情報。

(16)自己または第三者の住所、電話番号、メールアドレス等の個人が特定される連絡先を、本サイト内のユーザー全体に公開される箇所に投稿する行為。

(17) 次に掲げるスパム行為を行うこと。
 (ア)スパム投稿・スパムメッセージ:一人又は複数のユーザーが、本サイト内の投稿可能な箇所に、同一又は類似の文章を投稿し、又はメッセージで送信する行為。
 (イ)スパムワード:一人又は複数のユーザーが、本サイト内の投稿可能な箇所に、当該箇所と無関係若しくは関連性の希薄な語句を複数羅列し、又は著しく長い文章若しくは大量の語句を投稿する行為。
 (ウ)スパムURL:一人又は複数のユーザーが、本サイト内の投稿可能な箇所に、同一のURLを投稿し、又はメッセージで送信する行為。
 (エ)その他当社がスパムと判断する行為。

(18)1人が複数のアカウントを保有する行為又は複数人が1つのアカウントを共同して保有する行為。ただし、当社が別に認めたものを除く。

(19)当社の設備に蓄積された情報を不正に書き換え、又は消去する行為。

(20)ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信又は掲載する行為。

(21)当社又は他者のサーバーに負担をかける行為、もしくは、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為、又はこれらのおそれのある行為。

(22)その行為が前各号のいずれかに該当することを知りつつ、その行為を助長する目的でリンクを貼る行為。

(23) 法令、公序良俗又は本利用規約もしくはその他の利用規約等に違反し、又は他者の権利を侵害すると当社が判断する行為。

(24)その他、本サービスの運営を妨害する行為、当社の信用を毀損、もしくは財産を侵害する行為、または当社に不利益を与える行為等、当社が不適切と認める行為



第15条(個人情報の取り扱い)
当社は、個人情報保護の重要性を認識し、別途当社紹介サイト上に示すプライバシーポリシーを遵守いたします。



第16条(所有権と知的財産権)

1.ユーザーは、本サービスを通して当社が提供するコンテンツや情報(映像、音声、文章、写真、ソフトウエア、デザイン、意匠などを含む)が、著作権・商標権・特許権・意匠権およびその他の知的財産権、およびその他の法律に保護されていることを認め、それに同意したものとみなします。

2.ユーザーが、本サイト上に公開した公開著作データにかかる著作権はユーザーが保有するものとします。ユーザーは、自身が公開する公開著作データに第三者の保有する著作権などの権利が含まれる、などの場合を含め、本サービスの公開著作データの使用、利用につき、著作権・商標権・特許権・意匠権およびその他の知的財産権などの適法かつ有効な使用権を有しているものとみなします。

3.ユーザーは、本サイト上に公開した公開著作データに関して、当社に対して事前に別段の申し出を行わない限り、当社が国内外で当該公開著作データを本サービスの運営、広報、告知などの目的で、無償で非独占的に使用(販売、複製、公開、公衆送信、展示、頒布、貸与、翻訳、翻案、改変その他の利用を含む)する権利を許諾したものと見なします。また、当社は上記と同様の権利を、当社が指定する者に対して、再許諾ができるものとします。ユーザーは、当該利用に関して、当社および再許諾先による利用に対して、著作者人格権の行使をしないものとします。

4.本条は、当社とユーザーとの間の本契約が終了した後も、対象となる公開著作データあるいはそれらを利用し既に公開されている、あるいは公開の予定にある二次著作物などの利用・使用につき、有効に存続するものとします。



第17条(当社の権限と責任)
1.当社は、当社が必要と判断した場合に、いつでもユーザーの公開著作データの内容を閲覧し、あるいは事前に公開を差し止め、また公開後、公開著作データの改変、あるいは削除する権利を有するものとします。尚、当社はユーザーの公開著作データの内容を監視する義務及びその内容を保証する義務を負うものではありません。

2.本サイト上に公開されるユーザーの公開著作データは、当該ユーザー自身により適切に管理するものとし、当社はその管理義務を負わず、管理的な措置を講じることもいたしません。

3.ユーザーと閲覧している他の利用者との間でなんらかの問題が発生した場合には、ユーザー自身と他の利用者との間でこれを解決するものとし、当社は一切関与しないものとします。



第18条 免責事項
1. 当社は、ユーザーの通信や活動に関与しません。万一ユーザー間の紛争があった場合でも、当該ユーザー間で解決するものとし、当社はその責任を負いません。

2. 当社は、本サービスの内容の追加、変更、又は本サービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。

3. 当社は、ユーザーによって投稿される日記等の情報を監視したり、保存する義務を負いません。

4. 当社は、ユーザーによって投稿される日記等の情報の合法性、道徳性、信頼性、正確性について責任を負いません。ユーザーによって投稿される日記等の情報が、当該ユーザーが所属する法人・団体等の内部規則等に適合することについても、責任を負いません。

5. 当社は、当該日記等の情報の内容を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(以下、本項において「閲覧等」といいます)ができるものとします。当社は、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。

6. 当社は、本利用規約又はその他の利用規約等に違反する行為又はそのおそれのある行為が行われたと信じるに足りる相当な理由があると判断した場合には、当該行為を行ったユーザーの強制退会処分、日記等の情報の全部もしくは一部の削除、及び公開範囲の変更等を行う場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。



第19条 本利用規約及びその他の利用規約等の有効性
1. 本利用規約及びその他の利用規約等の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本利用規約及びその他の利用規約等のその他の規定は有効とします。

2. 利用規約等の規定の一部があるユーザーとの関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、利用規約等はその他のユーザーとの関係では有効とします。



第20条(損害の賠償)
当社は、ユーザーが本規約に反した行為、または違法もしくは不正に本サービスを利用することにより、当社に損害を与えた場合、当該ユーザーに対して、当社に生じた損害および費用につき、損害賠償の請求を行う場合があります。



第21条(ユーザー規約違反等への対処)
1. 当社は、ユーザーが本規約に違反した、もしくはそのおそれのある場合、ユーザーによるサービスの利用に関し他者から当社にクレーム・請求等が為され、かつ当社が必要と認めた場合、その他の理由で不適当と当社が判断した場合において、当該ユーザーに対し、次のいずれかまたはこれらを組み合わせて講ずることがあります。
(1) 本規約に違反する行為またはそのおそれのある行為を止めること、および同様の行為を繰り返さないことを要求します。
(2) ユーザーが発信または表示する情報を削除することを要求します。
(3) ユーザーが発信または表示する情報の全部もしくは一部を削除し、または他者が閲覧できない状態に置きます。
(4) IDの使用を一時停止とし、または登録の承認を取消します。

2.前項各号の規定は、当社が同項に定める措置を講ずべき義務を課すものではないことをユーザーは承諾します。また、ユーザーは、当社が前項各号に定める措置を講じた場合に、当該措置に起因する結果に関し、当社を免責するものとします。

3.ユーザーは、第1項の第3号および第4号の措置は、当社の裁量により事前に通知なく行われることを承諾します。



第22条(協議)
1. 本サービスに関連してユーザーと当社との間で紛争が生じた場合には、ともに誠意をもって協議するものとします。

2. 前項において、訴訟を提起する場合は、その訴額に応じて、さいたま簡易裁判所またはさいたま地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。




第23条(準拠法)
本規約に関する準拠法は、日本法とします。
 
 

▲ページのはじめへ  

TOPコンセプトエンディングノート作りエンディングコーディネーター自分史出版 デジタルサイネージデザイナーズ祭壇生前相談

株式会社メディア・ファイブ / NPO エンディングコーディネーター協会